心理のプロが教えるモテたい男のためのメディア

女性との会話の仕方が難しい…女性に〇〇を与えるだけで会話が弾む!?

山田一郎
女性といつも会話すると何を話せばいいかわからなくなったり、
質問して会話を広げようとしても興味がないのかいつも反応が薄いんだよな…

 

山田一郎
反応が薄いから次の質問に行くも、繰り返しで尋問みたいになっちゃうし…

 

山田一郎
どうしたら女性との会話を盛り上げながら相手を楽しませることができるんだろう?
コツとかテクニックがあったらいいのに…

 

橘 類
みんなコツやネタを探すだけで女性の本質を知らないから会話が盛り上がらずにつまらない男で終わってしまうのだ。

 

山田一郎
類くん!
女性の本質!?

 

橘 類
ネタやテクニックを知ったところで女性心理を理解してなければ女性を楽しませることはできないということだ。

 

どうも!

「よく振ってお飲みください」と書いてある缶を開けてから気づく管理人です。

 

山田一郎
飲み物によっては成分が沈下して、時すでに遅しっていうときありますよね…

 

女性を盛り上げるためにテクニックを学んだり女性と会話を盛り上げるためのネタを気にする男性は多くいます。

もちろんそれらを知ることはすごく大切ですが、それよりも大事なことを学んでいない人が多くいます。

それは女性がどんなときに会話が盛り上がっていると感じるのか?

どんなときに女性は楽しいと感じるのか?

ということです。

たとえばモテる男は聞き上手と言われますよね?

ではなぜ聞き上手な男は具体的にモテるのでしょうか?

それを知らずに皆さん「聞き上手になるためのテクニック」だけを知ろうとします。

そうではなく女性の心理を知り本質を突くことで、

話すネタを簡単に見つけることができ、

会話を自然に盛り上げることができるのです。

そこでこの記事では、

女性の本質的な心理を知ってもらいながら、

その心理に合わせたテクニックや会話するネタなどについて話していきます。

この記事を読むことで女性という生き物を知り、

会話するとき自分が何をすべきかがわかるようになります。

そしてそれは他の男性との差別化になりモテる男として一歩リードすることになるでしょう。

逆にこれを知らないと今後、会話を盛り上げることができずに気になる女性と付き合うチャンスを逃してしまいます。

なのでそうならないように最後まで読んでもらえたら嬉しく思います。

山田一郎
テクニックに視点を置くのではなく女性心理に目を向けることが大事ということだね!
橘 類
テクニックだけ学ぼうとするからモテないのだ。

会話の中で女性が男性に求めるもの

あなたに質問です。

女性が男性との会話で楽しいと感じる瞬間はいつだと思いますか?

話の内容がおもしろいときでしょうか?

いいえ違います。

女性が男性と話してて楽しいと思うときは、

  • 気を使わないで話せるとき
  • 冗談が言い合えるとき
  • 楽しそうな雰囲気なとき
  • 自分の話を聞いてもらえるとき

この4つを満たせば満たすほど女性は会話を楽しいと感じてくれます。

つまり会話に中身がなかったとしてもこれらをクリアすることで会話は自然に盛り上がっていくのです。

逆を言ってしまえばこの状態から離れてしまえばしまうほど、

どんなにおもしろい内容の話でも女性は楽しいと感じてくれません。

山田一郎
でもこの状態って仲がいい状態ってことでしょ?
僕はそこまでの状態に持っていくことに悩んでいるんだよ?

だからこそあなたにはそんな関係になることを目指してもらいます。

簡単に言ってしまいましたが実はこれ難しいことではないのです。

山田一郎
それってどういうこと?

女性の心を開かせるための重要なカギ、

それが「共感を与える」です。

山田一郎
女性は自然体で気を使うことなく話せるときが一番楽しいと感じるんだね!
橘 類
その状態に持っていくために必要なのが「共感」だ。

【Sponsored Links】

女性との会話を盛り上げるカギは共感

あなたはいままでに友人と趣味の話で会話に没頭した経験はありませんか?

趣味に限らず好きなこと、嫌いなことなどで話が盛り上がりませんでしたか?

そしてあなたはそのとき相手に対し「親近感」を抱いたはずです。

それが共感のチカラです。

人間は共感が生まれることで、

相手に対し仲間意識を持ち、心を許し始めます。

類は友を呼ぶということわざがありますが、

それは一緒にいることで共感が生まれることが多いからこそ仲間意識が生まれ、

自分に似た人を好むのです。

自分の価値観に似た人が集まってくることは必然的なことなのです。

そして女性は男性よりもその傾向が強いと言われています。

だからこそ女性の心を開くには共感を与えることが必要になってくるのです。

山田一郎
たしかに趣味が合う人に対して親近感湧くよね!

共感がない会話は女性からするとつまらない

会話が盛り上がらない人の特徴として、

この共感を与えられずに終わってしまうということが多く、

それがモテない男の大きな特徴の一つでもあります。

女性にとって共感がないような会話はつまらないですし基本的に退屈なのです。

そこでそのような男にならないためにも、

女性に共感を与えるための効果的な方法についてこれから話していきます。

モテると言われている男性はこれらを間違いなく使いこなしています。

橘 類
会話が盛り上がらない男はこの共感を無視しているのだ。

女性に共感を与えるためのテクニック

聞き上手

まずはじめに女性からもっとも共感を勝ち取れるのは「聞き上手」な男性です。

聞き上手な男性はモテると聞いたことはあるかもしれませんが、それは女性から共感を得ているためです。

女性は本能的に自分の話を聞いてもらいたい生き物で、

上手に「うん、うん」と話を聞いてくれる男性に対し、

「このひと、私の話をちゃんと共感してくれているんだ!私を理解してくれているんだ!」

と解釈します。

さきほども言ったように共感を与えることで人間は親近感だったり仲間意識が生まれます。

結果的にあなたを信頼し心が開いていくことで、

  • 気を使わない
  • 冗談が言い合える
  • 楽しそうな雰囲気
  • 自分の話を聞いてもらえるとき

という関係に近づくのです。

なのであなたも聞き上手な男性になることをオススメします。

聞き上手になるためにはただ話を聞いていればいいというわけではなく、

しっかりとしたテクニックが必要になりますので、

下のリンクから勉強してみてください。

山田一郎
聞き上手がモテるのは共感が密接に関係していたんだね!
聞き上手な男は恋愛でモテモテ|大事なことは女性の〇〇を満たすこと

会話では基本的に共通点を探す

会話が盛り上がらない男性の特徴として二人に共通しない話をする人が多くいます。

たとえば逆に相手の女性から、

「この前、すごく有名なカフェでパンケーキ食べたの!」

なんて言われたところで、

スイーツ男子ではない人からすると興味がないので、

「へぇーそうなんだ」

で終わってしまいますよね?(聞き上手な男性は除きます)

そう、つまり二人に共通しない話というのは片方が楽しくても片方はつまらないのです。

なぜなら共感が生まれないからです。

そこで女性と会話するときには、

二人に共通することを見つけそのネタを深掘りしながら話していくというスタンスにします。

会話の中で相手に質問をしながら二人に共通する、

「そうそう!」

と感じることがあればそこから会話のネタを広げていきます。

そして男女共通する場合に多いネタが、

  • 共通の知人
  • 兄弟
  • スポーツ
  • 好きな芸能人
  • 好きな・嫌いな食べ物、飲みのも
  • 互いの趣味
  • 好きな音楽
  • 休日の過ごし方

などがあります。

他にもあるかもしれませんがそれは人によってさまざまですので、

あなたがその人との会話の中から共通点を見つける必要があります。

橘 類
モテない男は二人に共通しない話をする。

女性が興味あること

女性と会話する際に相手が興味あることについて話をすることができればそれは共感を生みます。

興味やハマっていることは人によってさまざまですが、

女性が興味があることについてはだいたいこれらに当てはまることが多いです。

  • カフェ
  • グルメ
  • 占い
  • 芸能人
  • ユーチューバー
  • ドラマ
  • 音楽
  • ファッション
  • 美容

これらの項目は女性の関心が高いため情報のアンテナを張っていれば、

間違いなく損はありません。

ただ美容とファッションについて会話する必要はなく、

その女性のファッションの変化や化粧のやり方の変化などに気づいてあげれると、

あなたに対しての評価を高めます。

山田一郎
会話をするためには情報のアンテナを張らないとダメなんだね…
橘 類
情報は深くなくていい、広く浅く。
俺はLINE NEWSから情報を得ているぞ。

あるあるネタを使う

あるあるネタも女性から共感を集めます。

芸人さんが漫才やコントなどのネタに日常的なあるあるネタを取り入れて作るのは、

お笑い好きが多い女性からの共感を集めるためです。

そして女性から支持されることで売れていきます。

なのであなたも会話中にあるあるネタを取り入れていきましょう。

たとえば、

  • 小学校の頃、必ずクラスに一人は冬なのに半袖短パンの子いたよね。
  • 小学校の頃って誰しも一回は頭に下敷きで擦るよね。
  • グループLINEで自分が発言した途端、既読だけついて誰も返信してくれないと切ないよね
  • 「いつ空いてる?」と訪ると「いつでもいいよ」っていうけど日時指定して決めようとすると「ごめんその日は予定ある」ってあるよね
  • 信号待ちして赤から青に変わらないと思ったら押しボタン式ってあるよね
  • ニュース番組で「報道ストアーからです…」って言っているアナウンサーの後ろで動き回っているスタッフが気になるよね
  • 仰向けでスマホいじっていると落として顔にぶつける事あるよね

どうですか?

これを見て「それあるわ~」という気持ちになりませんでしたか?

このように日常的に共感できるあるあるネタってたくさんありますよね?

これらを会話に織り交ぜて話すことができれば、

「そうそう!」と共感を生み会話が盛り上がります。

ただ注意として、

唐突にこのネタを使うのではなく会話の流れであるあるネタをはさんでいきます。

たとえばニュースの話をしているときに、

「そういえば前から思っていたんだけど、アナウンサーが喋っているときにうしろで…」

幼少期に関する話をしているときに、

「そういえば下敷きで頭こすったことある?」

このように会話の流れであるあるネタを入れるといいでしょう。

山田一郎
たしかにあるあるネタって共感したとき盛り上がるよね!

褒め上手

褒め上手になるだけで共感を与えることができます。

一見、女性を褒めて気持ちよくさせるという考え方もできますが、

もう一方で女性が努力していること、女性が自覚している長所、

女性が持つ信念などをあなたが見抜いて褒めることができたとき、

「この人私のことわかっているじゃん!」

共感された気持ちになります。

たとえば、

自分はこういう考え方、信念を持ってるから!という女性に対し、

「〇〇ちゃんのそういう考え方いつも思うけどかっこいいよね」

私の長所はこれ!という女性に対し、

「〇〇ちゃんのいいところは〇〇だよね、それは誰も持っていない魅力だよね。」

など的確に相手が自覚している部分を的確に言い当てることができれば、

あなたを理解者として心を開いてくれます。

ただ注意としては相手が思う自分の姿とあなたが言った姿が違いすぎると、

「なんだこの人、私のことわかっていないじゃん」

と評価を下げる原因になりますので相手を見抜くというテクニックが必要になります。

橘 類
テクニックに自信がないうちは行動しないのも手だな。
褒め上手な男が実践する女性が絶対に照れてしまう褒めテクニック

その他のテクニック

ここからは共感とは少し離れてしまいますが、

女性の心を別の角度から開かせる簡単なテクニックを話していきます。

自己開示

まずは自己開示です。

この自己開示とは文字通り「自分の心を開いていく」ということですね。

あなたは心を開いてくれない相手と仲良くなりたいと思いますか?

大抵の人はNOですよね。

まずは相手と仲良くなりたいのなら自分の心を開き、相手に自分を知ってもらうことです。

自分の性格や自分の好きなこと嫌いなことなど、

会話の流れに沿って少しずつ自分について知ってもらいましょう。

名前を呼ぶ

名前は省略せずに呼ぶことも大事です。

人間は自分の名前を読んでくれる人に対し心を開きやすいという心理があります。

「〇〇!元気?」

「よう!元気?」

どちらが友達から言われて気持ちいいですか?

間違いなく前者だと思います。

なので省略せずに名前でしっかりと呼んであげましょう。

ただ注意として毎回名前を呼ばれるとウザいので、

過度にならないくらいで呼ぶように心がけてください。

警戒心を取り除く

女性は警戒心がとても強い生き物で、

とくに男性に対してかなり注意を払っています。

警戒心を取り除けていない状態で変に行動し、

嫌わていった男性も多くいるので注意が必要です。

逆に警戒心を解消することができればいい関係を築きやすくなります。

女性の警戒心を確実に解くためにあなたがすべき11の方法

女性との会話で絶対にしてはいけないこと

ここからは会話中に女性を不快にさせてしまう男性の行動について話いきます。

これらが原因で会話が盛り上がらない可能性がありますので、

しっかりとチェックしておきましょう。

自分ばかり話をする

男性の中には「会話を盛り上げるためになにか話さないと!」という気持ちから、

自分ばかり話をしてしまう人がいますが、それは逆効果です。

女性は自分の話を聞いてもらいたい生き物なので会話の比率が女性よりも男性が上回ってしまうと、

女性を退屈にさせてしまい会話がつまらないと思われてしまいます。

男性はネタを振るだけで会話の中心は女性にし、

会話比率は女性7:男性3を目指しましょう。

橘 類
7:3は会話の黄金比率と言われているんだぞ。

会話を遮る

たまに女性の話しを遮って自分の話をしようとする男性がいます。

しかしこういった行動は本気で女性から嫌われます。

「せっかく気持ちよく話しているのに!」

何度も言いますが女性は喋りたい生き物。

感覚で言えばオ○ニーをしている最中、

部屋に親が入ってきたときのイラッとする気分と似ています。

なので会話を遮るようなことはせずに、

相手の話が終わったと思ったら自分の意見を伝えるなり話題を変えるようにしましょう。

山田一郎
女性は話すことが好きなんだから、遮られたら不快に感じるのは当然だよね!

自慢

「自分をかっこよく見せたい」

「自分の価値を相手に知ってほしい」

という気持ちから自慢話をする男性がいますが、

それは女性からするとかっこ悪く見えています。

女性からすると自慢話をする男は、

「器が小さい男に見える」

と言われているのです。

自慢話された女性からすると反応に困ってしまうということと、

「いい男は自慢なんかしない、今現在魅力が備わっているから自慢なんかする必要がない」

と女性は考えています。

もちろん女性から、

「よく思われたい」

「認められたい」

という気持ちはすごくわかりますが、それは我慢したほうがベターでしょう。

山田一郎
つい自慢したいときあるけどその行為が女性を困らせるんだね…
しまいには「器の小さい男」なんて…

説教

あなたと女性に信頼関係がない場合、

どんなに女性が悪いことをしたとしても説教してはいけません。

説教したところで、

「私のことを知らないくせに、あんたなんかに言われたくない」

と返されてしまいます。

もちろん仲がいい関係や彼氏彼女の関係が構築できているのであれば話は別ですが、

その関係にいたってないのであれば説教したところで冗談抜きに嫌われます。

それがどんなにあなたの言っていることが筋が通っていたとしてもです。

女性は信頼している人から以外の言葉は受け入れようとはしません。

なので説教するような場面でも、

怒らずに感情を抑えて見過ごしてあげましょう。

橘 類
男は論理的で考えるため筋が通っているかを考えるが女性は感情的。
自分が受け入れないと思ったらどんなに正論を言っても受け入れてもらえないのだ。

心にズカズカ入っていかない

信頼関係ができていないのに女性の心に土足で入ろうとする男性がいます。

プライベートな話を深入りしようとする質問だったり、恋の話をしつこく聞いたり、

こういった行動は女性に不快感を与え警戒心を強めてしまいます。

その結果、心を開かせることができずに終わってしまうなんてこともありえますので、

距離を縮めるまでは深いプライベートな話や恋の話は避けるようにしましょう。

橘 類
警戒心が強い女性ほど不快感を与えてしまうぞ。

さいごに

いかがでしたか?

会話を盛り上げようとしたいなら、

  • 気を使わない
  • 冗談が言い合える
  • 楽しそうな雰囲気
  • 自分の話を聞いてもらえるとき

このような関係になること目指すこと。

そのためには共感を与え、

心を開かせながらこのような関係を作っていこうという内容でした。

そうすることで話は自然と盛り上がっていきます。

情報量が多いため覚えるのが大変だと思いますが、

何度も見ながら実践してもらえれば自然に身についていくと思います。

ぜひこの記事を参考にして女性といい関係を築いてくださいね!

【Sponsored Links】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です