心理のプロが教えるモテたい男のためのメディア

LINEを続ける方法は〇〇ネタを入れる!?誰でも使えるコツを徹底解説

山田一郎
気になる子とのLINEがいつも続かないんだよな…

 

山田一郎
何か続けるためのコツがあったらいいんだけどな…
話題とか、頻度とか…

 

橘 類
気になる子とのLINEは繋がっているというだけですごく嬉しい気持ちにさせるよな。

 

山田一郎
類くん!

 

橘 類
もちろんコツは教えることはできるが、
その前に山田にとってLINEを続ける理由はなんだ?

 

山田一郎
それはもちろんLINEで心の距離を縮めて最終的には…

 

橘 類
だとするならばコツとともにもう一つ重要なことを知っておかないととても危険だぞ。

 

山田一郎
もう一つ?なんのこと?

 

橘 類
詳しくは管理人が解説しよう。

 

どうも!

報道番組でアナウンサーが話しているなか、後ろで気にせず仕事をしている人たちが気になって仕方がない管理人です!

気になる女性とのLINEってすごくワクワクしますよね。

だけれども会話がうまく広がらずにLINEが続かないという男性も多いはずです。

しかしLINEが続かない人にはある共通点があったり、

女性に対し絶対にしてはいけないことをしている場合があります。

なので今回の記事ではその女性にしてはいけないこと、

そして女性に好まれながらもLINEを続けるコツについて詳しく解説していきましょう。

しかし本題に入る前にかならず知っておいてほしいことが私から一つあり、

それを知らずにLINEを続ければ取り返しのつかない状況になってしまう場合があります。

なのでそちらを最初に解説いたしますね。

山田一郎
女性にしてはいけないことと続けるコツを学べるなんて一石二鳥だね!

あなたがLINEを続けたい理由

本題に入る前に一つ話すことがあります。

それは「あなたが女性とLINEを続けたい理由」です。

その理由は何でしょうか?

暇つぶし?それとも友達として?違いますよね?

その女性が「気になる」もしくは「好き」だからですよね?

ここで一つ知っておいてほしいことがあります。

それはLINEを使う女性には、

  • 連絡手段として必要最低限しか使いたくない(LINEをするのが苦手、めんどくさいなど)
  • LINEを使って会話する

このように2つのタイプに分かれます。

つまりあなたがLINEを続けようとしている相手がLINEで連絡することを苦手だったり、

めんどくさいと感じている場合、相手に不快を与えてしまう場合があるのです。

そしてLINEをすることが苦手、めんどくさいと考えている女性に対しLINEを続けようと頑張ることは、

たとえあなたに相手が好意を抱いていたとしても、

LINEが原因で冷めてしまうこともあります。

このような女性はどんなに好きな相手、彼氏だったとしてもLINEをすることが苦手ということを知っておいてください。

ではLINEが苦手、もしくはめんどくさいと感じている女性にはどんな特徴があるのか?

  • 絵文字をあまり使わない
  • アイコンを変えない
  • スタンプを買っていない
  • 人見知り
  • SNSが苦手
  • 既読がつかない、返事が遅い

これらに当てはまる場合は、LINEを苦手とする人が多いです。

なのでこのような女性の場合には、

LINEで距離を縮めようとするのではなく別のアプローチをしたほうがベターといえます。

ただしこれらに当てはまるからといってLINEがもちろん嫌いとは限りません。

あくまで傾向なので、そのへんのジャッジに関しては自分の判断で決めましょう。

山田一郎
女性の中にはLINEが苦手な人もいるんだね…
橘 類
そんな女性にLINEをムリに続けようとすれば逆効果になってしまうので注意だぞ。

LINEを続けるうえで女性にしてはいけないこと

LINEを続けるためのテクニックについて話す前にこちらもチェックしておいてください。

どんなにLINEを続けるテクニックを学んだところで女性が嫌がること、

ウザがるようなLINEをすれば意味がなければ、嫌われる場合だってあります。

ではどんなLINEを女性は嫌がるのか?

  • 目的がなく中身がないLINE
  • 終わりが見えてこないLINE
  • ひたすら質問攻め
  • 長文メッセージ
  • 短い文を小刻みに送ってくる
  • 催告LINE
  • スタンプ連打
  • 予定をしつこく聞く
  • 返信が高速
  • wをたくさん使う
  • 小文字、絵文字を多様する

これらは女性が感じる男性のうざいLINEをまとめたもので、

一つでも当てはまるようであれば今すぐにでも直してください。

最悪の場合、そのまま既読無視もしくはブロック予備軍になりかねません。

よーく見ると当たり前のことを書いてあるように見えますが、

この当たり前をできない男性がすごく多く、これが原因で恋愛のチャンスをたくさん失ってきた男性は多くいます。

これらは女性に対しLINEを続けるための意欲を低下させる障壁、原因になるので必ず注意です。

下の記事では詳しく書いてあるのでこちらもチェックしてみてください。

山田一郎
あぁ…当てはまっている部分がいくつかあるな…
橘 類
一つでも当てはまった場合は危険信号だぞ。
【ブロック予備軍】女性が感じる男のウザいLINE12選

【Sponsored Links】

LINEを続ける方法、テクニック

LINEをする女性には2つのタイプがいること、

そして女性にしてはいけないLINEについて話してきました。

ではここから本題のテクニックについて詳しく解説していきます。

テクニックについてはいくつかありますので一つずつ見ていきましょう。

中身のあるLINEをする

「おはよう、今日もいい天気だね!1日頑張ろう!」

「仕事お疲れさま」

「いま〇〇に来てるよ!」

「今日はなにしているの?」

あなたはこんなメッセージを送っていませんか?

はっきり言ってしまうと好きな男性じゃない限りこんなLINEが送られて来たら女性はウザがります。

中身がない、目的がない、いつ終わるのかわからないようなダラダラとしたLINEを女性は嫌っています。

なのでLINEを続けたいのであれば必ず会話に中身をもたせることが必要です。

女性が中身のない会話をすることは、まだ顔を合わせてのフリーの会話でならいいかもしれませんが、

LINEで連絡を取る場合は状況が変わってきます。

なぜなら中身がないほど気を遣い、返信の中身について考える時間が必要になるからです。

では具体的にどんな内容を女性は中身があると感じるのか?

それは、

「共感が生まれたとき」

です。

あなたとの会話で、

「そう!私もそうなんだよ!(そうだったんだよ!)」

と思わせることができれば相手は、

「この人とのLINE楽しいな」

と会話に利益を感じてくれます。

女性は共感されたい生き物で相手が自分に共感してくれたとき、

相手は潜在的に仲間意識、親近感を抱きます。

では何について女性は共感を抱きやすいか?

そこでオススメなのが過去に体験した共通の出来事です。

たとえば、

  • 昔のはなし(小さい頃、学生時代)
  • 家族の話(兄弟との思い出など)
  • 過去の恋愛について
  • 仕事について
  • 同じ経験するような最近の出来事

これらは誰もが経験していることなので共感されやすく会話が弾みやすくなります。

そして覚えておいてほしいキーワードがあります。

それは「あるある」です。

お笑い芸人さんは笑いを取るために「あるあるネタ」を使います。

たとえば、

「関西にいるおばちゃん」というネタで真似する芸人さんがいたとします。

そして似ていれば似ているほど、

「いるいる!そんな人!」

こんなふうに笑いが起こるのです。

女性はこの共感することで親近感を抱く傾向が男性よりも強く、

そして共感によってお笑いファンになる人に女性が多いのはこのためです。

だからこそ過去の誰もが経験するようなあるあるネタを話題に振っていきましょう。

昔のはなし→

「下敷きで一度は頭擦ったよね」

「冬なのに短パンはいてる子いたよね?そしてロングソックス…」

「一生のお願い!って言いながらも次の日に普通に使う子いたよね」

家族の話→

「お母さんってあるときはもう子供じゃないのよ!って言うけどあるときはまだ子供なんだからだめ!って言ってたよね」

「小さい頃テレビとトイレはよく取り合いになってたな」

こんなふうに、

過去の恋愛あるある

仕事あるある

など誰もが経験するようなネタを取り入れると、

「それ私も経験した!」

このように共感が生まれ会話が弾みやすくなります。

共感に関してはこちらの記事で詳しく書いてますのでこちらもチェックしておきましょう。

聞き上手な男は恋愛でモテモテ|大事なことは女性の〇〇を満たすこと

もちろん作り話ではなく自分の経験から話してくださいね。

検索エンジンで、

〇〇 あるあるネタ

と入力すると、たぶんあなたも同じ経験をしたような、

あるあるネタがたくさん出てくるので見るだけでもおもしろいですし、

会話のネタとして使えますのでぜひ活用してください。

山田一郎
共感されやすい会話ほど女性は価値を感じやすいんだね!

質問するときは相手の興味のある分野

基本的に質問するときは相手が興味ある分野についてしましょう。

話が広がらないような質問、ただ答えるだけのような質問はされても面白くありません。

あなたが熱中して話すときってどんなときでしょうか?

もちろん自分が興味あることだったり好きなことじゃないですか?

それと同じように相手が興味ある分野で会話をしなければ相手を退屈にさせるLINEになってしまいます。

もしあなたが女性とLINEを続けたいと思うなら大事なことは自分よがりな会話にするのではなく、

女性に合わせたLINEをすることです。

そして女性が会話にもっとも価値を感じるときは上でも話したように、

共感されたときです。

自分の興味があること、好きなことについて共感されたとき人は相手に心を許しやすくなります。

このように興味ある分野で話をしていき共通点を見つけながら共感してあげることで仲を深めやすくなるので、

質問するときは基本相手の興味ある分野をメインで話していきましょう。

山田一郎
たしかに夢中になって話すときって自分が興味ある分野だよね!

3往復に1回質問を入れる

そして相手に質問するときは3往復に1回のペースで質問をしていきます。

毎回文末に質問をいれると質問攻めになってしまい女性に対し心理的圧力を与えてしまいます。

また、質問を次から次へとしていくと、

話題が進んでいくためネタがすぐに切れてしまいLINEを続けづらくなってしまう状況にもなりかねません。

なので一つの質問に対し最低でも3回はやりとりをして膨らまし、

話題を変えて質問するのか、それとも更にその話題について深掘りして質問をしていくのか判断しましょう。

橘 類
質問ばかりされるとつまらないだけでなくガツガツしているように見えてしまい、女性は怖がってしまうぞ。

LINEの返すリズムは相手に合わせる

女性からLINEが届き次第返信していませんか?

女性とのLINEするリズムが崩れてしまうと、

女性に心理負担を与えてしまい返信意欲を下げる原因になってしまいます。

この心理負担とは、LINEを受けった時点で「返さないといけない」という気持ちと、

「待たせてはいけない」という心理が働きます。

しかしあなたが毎回すごいスピードで返信することで、

つねに返信という使命感にかられ、窮屈に感じてしまうのです。

また返信が早い男性に対し女性は、

「この人、暇なのかな?」

と思われてしまい、あなたの評価を下げてしまいます。

最初は、

「もうこんな時間が経過している!返信してあげないと」

「返信はやっ!でも今友達といるからちょっと後で返そう…」

「いっけない返信するの忘れてた返そう…うわっまた速攻で帰ってきた、この人暇なの?」

「なんか窮屈だな…めんどいからシカトでいっか」

こんなふうに返信を早く返すと最悪の場合、無視されてしまう場合があり、

LINEを早く返信することは女性へプレッシャーを与えてしまうのです。

ではどうすればいいか?

この場合は相手の返信時間に合わせてこちらも返信してあげます。

相手が30分おきに相手が返して来るのであればこちらも30分ですし、

相手が1時間ならこちらも1時間で返信しましょう。

こうすることで相手に心理的プレッシャーを与えずに済むので返信意欲を維持することができます。

橘 類
送るべきタイミングは相手がリラックスしているときがいいぞ、詳しくは下のリンクから確認だ。
LINEを返すベストな間隔と返信時間|知らないと返信頻度が減る!?

短文

文字量はどのくらいで返すのがベストなのか?

これも返信するタイミング同様、相手に合わすのがベストなのですが、

基本的には2行くらいの短文で送りましょう。

ひとによっては4行の文でも長文と感じる女性もいます。

あくまでLINEは連絡ツールでありますが基本的な考え方は、

言葉と言葉のキャッチボールです。

そして女性は短文でやり取りすることを好む傾向があります。

たまに伝えたいことがありすぎた結果、

長文になってしまう男性がいますがそれは逆効果で、

女性から嫌われます。

女性にとって長文は重いですし返信することがめんどくさく感じ億劫になってしまうのです。

会話を思い出してください、

会話では短文と短文でキャッチボールをしますよね?

どちらかが長文のLINEのように一方的にずっと話すなんて鬱陶しくないですか?

その会話のようなリズム感がメッセージをするうえで大事になってくるのです。

なのでLINEで返信するときは2行から3行で止めておきましょう。

山田一郎
会話のようなリズムでLINEすることが大事なんだね!

ネタが尽きたら撤退

当然LINEを続ければ会話するネタがなくなってきます。

ではそんなときはどうするか?

何も考えずにいったんそのLINEは終了しましょう。

なぜなら会話するネタがなくなると中身のないLINEになってしまいグダグダしてしまうからです。

先ほども言ったように中身のないようなLINEを女性は嫌っているので、

このような状態でLINEを続ければ間違いなくあなたの印象を下げる結果になってしまいます。

たしかにLINEを続けたい気持ちもすごくわかります、

しかし恋愛という観点から見た場合、

いったんストップし、新たなネタを見つけてからまたLINEを送る方がベターでしょう。

そして場合によっては期間をあけてLINEをすることで相手の返信に対する反応が良くなる場合もありますし、

相手もネタを見つけてきて話を振ってくれるかもしれません。

なのでネタが無くなった場合はLINEを続けたいという気持ちを抑え、

いったん撤退してネタを集めてからまた連絡してみましょう。

橘 類
女性にとって嫌いなことはグダグダで中身のないLINEをすることだぞ。

相手の名前を入れる

LINEでメッセージを送る場合には、

おはよう〇〇ちゃん!

お疲れさま〇〇さん!

のように相手の名前を呼んであげると、

相手との距離を心理的に近づける事ができます。

会話するうえで人間の耳に一番心地いい言葉は自分の名前が呼ばれたときと言われており、

あなたが思っている以上に名前を呼ぶという行為は重要なことなのです。

それはLINEでも同じことが言えます。

しかし注意点としては名前を呼びすぎると鬱陶しくなってしまうので、

4往復もしくは5往復に1回程度で呼んであげるのが自然でいいでしょう。

橘 類
名前を入れてあげるだけで与える印象が違うぞ。

さいごに

 

いかがでしたか?

重要な部分をまとめると、

  • LINEが苦手な女性には別の方法でアプローチ
  • 中身の無いLINEは嫌われる
  • 質問するときは相手が興味ある分野
  • 3往復に1回質問を入れる
  • 返信のリズムは相手に合わせる
  • できるだけ短文
  • ネタが尽きたら撤退
  • 相手の名前を4~5往復に一回入れてあげる

という内容でした。

少し情報量が多くなってしまいましたが、

覚えられるまで何度も見てもらい、

活用してもらえたら嬉しく思います!

【Sponsored Links】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です